CONCEPT 家づくりへの想い

令和の時代に紡ぐ建築魂。
新たな拠点で次のステージへ。

 弊社は2017年3月に幕末維新の志士らが活動を繰り広げた舞台・長府の小さな事務所から始まりました。
お客様からのご要望などが増えるにつれ手狭になり、下関の中央・稗田地区をビジネス拠点と位置づけ、2019年12月に移転しました。
時は令和の新しい時代を迎え、弊社は建築というものを生業(なりわい)とし、それに向かって志を持って突き進む「建築魂」を有する社員とともにより一層成長して参ります。
 岡本建設では、業務の主軸である戸建て住宅やマンションの新築・リフォームを中心に今後益々高まるとされる建築物のメンテナンスやリノベーションにも力を入れております。昭和の高度成長期にすすんだ宅地開発時から経年劣化した家屋、あるいは平成時代に急増したマンション建設のメンテナンスなど、今後も高まるであろう需要に備えた体制づくりを強化しております。
 また近年、多くの個人消費者からは土地探しから設計、施工までを一つの窓口で対応するワンストップのサービスが求められています。弊社でもそれができる状態に整備し、実績のある熟練職人の確かな腕と丁寧な施工によって、顧客の満足を最大限に導く仕事を徹底しております。さらに先のビジョンとして、岡本建設にしかできないこれからの時代に合った理想の建築物を供給していきます。
今後もお客様の大きな夢を実現させられる、アツイ情熱と意欲を持って邁進していきます。
建物の修理や、暮らし方の変化など住宅に関するお悩みがありましたら、お気軽にお立ち寄り又はご相談くださいませ。

STAFF 家づくりへの想い

代表取締役
岡本 匠史
一級建築士/一級建築施工管理技士/宅地建物取引士/既存住宅状況調査技術者

〈PROFILE〉

工務店が私の生家でした。幼少の頃から、身近にあったのは木製の墨つぼや、ノコギリなどの大工道具ーー。家づくりの現場は、まるで私の遊び場のようなものでした。
毎日、施主の夢と共に仕上がっていく家屋の姿に、愛情を感じないはずがありません。私は、将来の生業(なりわい)として、建築への道を歩むということに、いささかの迷いもありませんでした。
「千里の道も一歩から」。お客様1人ひとりの要望に謙虚に耳を傾けお付き合いしていきたいと思っています。